PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【Q&A】

Q.非正規滞在の外国人は、日本に税金を払っていないのか?

A.非正規滞在の外国人が全く税金を払っていないというのは、間違いです。
 雇われて仕事をしている場合は、所得税だけでなく住民税も原則的に給与から源泉徴収されています。

 日本では、個人の所得に対して、国税の所得税と地方税の住民税が課税されます。
 納税の義務を負うのは、どちらの税金に関しても「居住者」です。
 居住者とは、日本国内に「住所」を持ち、また現在まで引き続いて一年以上「居所」を有する者をいいます。
 憲法には「国民は納税の義務を負う」という条文がありますが、それならば「日本国籍を持たない者は税金を払わなくてよい」と考えるのは誤解です。
 所得税法と地方税法も、「日本人」「外国人」という国籍に基づいて区別を設けてはおらず、「居住者」と「非居住者」という居住形態に基づいて課税の有無が決定されるのです。

 また、消費税に関しても、普段の買い物には外国人免税はないので平等に払っています。

 東京都主税局
 http://www.tax.metro.tokyo.jp/shitsumon/sonota/index_j.htm#j15

| 未分類 | 12:09 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://ikirukotowa.blog22.fc2.com/tb.php/11-eb04c203

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。