| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

外国人排除デモに反対する会 総括声明

外国人排除デモに反対する会 総括声明

 私たち「外国人排除デモに反対する会」が呼びかけた、「在特会」デモへの抗議行動から3ヶ月が過ぎようとしています。2名逮捕という不測の事態にもかかわらず、救援に駆けつけてくれた仲間のみなさん、また全国各地からカンパやメッセージを寄せてくださった多くのみなさんに、おくればせながら感謝申し上げます。ご支援、本当にありがとうございました。

 このかん私たちは、4月11日当日、行動をともにした参加者に可能なかぎり連絡をとり、ふたたび顔を合わせ、自らの行動を真摯にふりかえる場を二度にわたって持ちました。「行動する保守運動」を標榜する在特会ら街宣右翼の実態や、標的とされた外国籍の人々がおかれている現状に詳しい方に解説と意見をもらいつつ、当日の私たちの行動がどのような意味をもち、何が欠けていたのか、問いなおす作業を行なってきました。
 
 二度の集まりを経て、私たちが確認できた問題点を、以下にご報告したいと思います。

 呼びかけ主体である「外国人排除デモに反対する会」が事前に決めていた行動は、以下の3点でした。

  1)「在特会」デモの前に、蕨駅前でのチラシ配布と、デモの問題を訴える街頭情宣
  2)排斥デモ出発地の公園での、道路を挟んだ向かい側、沿道からの抗議
  3)排斥デモのコースとされた小・中学校前での、デモに対する抗議

 主催者自体が急ごしらえの個人の集まりであったこと、呼びかけから当日まで2日間しかなく、参加者数すら予測できないことから、デモを阻止するような行動は当初から考えていませんでした。私たちが目指したのは、街頭で外国人排斥を叫ぶ右翼のデモに対し、あくまでも、街頭で抗議の声を挙げることでした。

 また、私たちは今回、排斥デモの標的とされた外国籍の方たち、地元の蕨の方たちと連携することはあえてしませんでした。標的とされた当事者を焦点化するのではなく、同じ社会に生きる者として、このような卑劣なデモを見過ごしにしない、その一点において共闘を呼びかけることを提起しました。「生きることは犯罪じゃない」ーー生存権を奪うことを躊躇しない使い捨て・追い出しの社会、このような外国人排斥デモが堂々とまかりとおってしまう社会そのものに対し、私たちは抗議したいと思ったのです。

 しかし当日、やりとげることが出来たのは、1)まででした。なかば公開で呼びかけた結果、参加者同士知り合いというわけではなく、さらに「在特会」側の人間までが入り込んでしまったために、現場での行動確認、意思疎通が不十分になってしまったこと。駅頭情宣の時点で右翼の挑発があり、警察の監視がついてしまったこと。そのため、予定していた公園前にまとまって移動することができず、先に到着した一人が、出発する「在特会」デモの先頭集団にでくわしたことでとっさに横断幕を奪うという、不測の事態が起こってしまったこと。
 私たちに、街頭行動で起こりうる、あらゆる事態にたいする見通しの甘さがあったことは否めません。主催者が以降の行動を中止し、仲間が連行された蕨署への移動、救援活動への移行を呼びかけたことは、現場状況からもやむをえない判断でした。しかしそれも、蕨署前に「被害届」を出しにやってきた「在特会」の挑発をきっかけに、さらなる弾圧を招く結果となりました。これらは、逮捕そして右翼の挑発にみなが冷静さを欠いてしまい、「排斥デモに抗議の意思を示す」という当初の目的から外れたところで動いてしまったことから起こったものです。

 二度にわたる事後の反省会では、「デモへの抗議を最後まで続けるべきだったのではないか」との声もありました。実際、数名がデモに同行し、違和感を示す蕨住民を怒鳴りまくるデモ隊の暴力的な言動や、具体的な罵詈雑言の数々を目の当たりにしました。しかし「冷静さを欠いたまま、救援の必要にもせまられる中で、排斥デモへの抗議を続けることはやはり難しかった」「やはり主催側からの中止の判断は適切だった」との声もありました。いずれにしても抗議行動の中止は、主催者にとって、苦渋の選択であったことは、申し添えておきたいと思います。

 私たちにとって、もっとも衝撃だったのは、事後の「在特会」によるネガティブ・キャンペーンの矛先が、ほかならぬ排斥デモの標的とされた外国籍当事者に、もっとも鋭く向けられてしまったことです。まったく無関係であるにもかかわらず、当事者へのさらなる攻撃の格好の材料を、私たち自身が与えてしまったことに言葉を失うばかりです。しかし「在特会」のネガティブ・キャンペーンが、いかに嘘や悪意にまみれた「犯罪的」なものか、あのデモを直視した者ならば、理解してもらえるものと私たちは信じます。
 同時に、当日起こったことのすべての責を「在日外国人」、すなわちこの日本において不安定な立場にとめおかれ、差別と蔑視にさらされている人々になすりつけ、集団組織的、暴力的に弱いものいじめを展開する「在特会」にあらためて抗議し、権力を嵩にきた許しがたい「外国人差別」言動の誤りのひとつひとつを、今後きっちりと質していく必要をつよく感じています。

 私たちの行動は、「街頭での抗議」を公開で呼びかけたところから始まりました。街頭という、公共の場所で垂れ流される外国籍の人々への罵詈雑言、排外主義の風潮をけっして見過ごしにしない。抗議の意思を行動で示す。街頭には街頭で対峙する。自らの特権には目をつぶりヘイトスピーチをたれながす右翼に毅然と抗議する。「在特会」ら右翼の醜悪さを広く知らしめる。
 そして私たちは、実際に行動を起こしました。その一点において、私たちは、4.11行動には少なからず意義があった、と確信しています。
 
 さいごに、私たちの行動が、外国籍の人々および蕨に住む人々への友愛のメッセージというより、もっぱら右翼との衝突とみなされ、矮小化されてしまったことは、今後も継続して考えねばならない問題であると思います。抗議の手法、表現の問題(主催者、参加者のあずかりしらない「落書き」の一件も含みます)、現場における個々人のふるまい、この憂うべき事態を表すどのようなメッセージを生み出していくか。なによりも、誰に対し、何を、どのように訴えていくのか。これらは「反対」の表現を行なう運動全体に問われている課題であると考えます。

 私たち「外国人排除デモに反対する会」は、この二度の総括会議の報告文をもって解散いたします。ですが、排外主義に抗する次の行動へ、さらなる広がりへとつなげるために、おのおのがそれぞれの現場で、これらの課題を継続して考えていきたいと思っています。差別を生み出すのではなく、さまざまな人々と共に助け合って生きていく社会こそが、私たちの未来をつくっていきます。「生きることは犯罪じゃない」。これからも、ともに、声を挙げていきましょう。

 2009年7月7日
                 外国人排除デモに反対する会
スポンサーサイト

| 声明 | 04:15 | comments(-) | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

主催者声明

主催者声明

 4月11日、「在日特権に反対する市民の会(在特会)」なる右翼団体が主催する「外国人排除デモ」が行われました。蕨で暮らす特定の家族を「犯罪者」呼ばわりして「追い出し」を主張するというデモでした。

 私たちがこのデモの存在を知ったのは、デモが実施されるほんの一週間前です。このデモの存在を伝えるメールが友人から転送されたことをきっかけに、おもに東京に住む幾人かがあつまり話し合いました。法的に不安定な地位にある外国籍の住人を攻撃し、しかも特定の家族をスケープゴートにしようとする「在特会」はあまりに卑怯で卑劣ではないか。排外主義的な風潮が強まっている中で、とにかく抗議の意思だけでも示した方がよいのではないか。私たちはこのように考え、デモへの抗議を緊急によびかけ、当日蕨駅周辺で「在特会」への抗議行動を主催しました。

 しかし4月11日の抗議を私たちはやりきることができませんでした。この抗議行動に参加したひとりが「在特会」の横断幕を「盗んだ」容疑で逮捕され、さらにその3時間後、被逮捕者への弁護士接見と差し入れを求めて蕨署に集まった抗議行動参加者からもうひとりが「公務執行妨害」容疑で逮捕されてしまいました。
 参加者が逮捕された後も、私たちの仲間数人が「在特会」の「外国人=犯罪者」というデマ扇動に抗議し続けていました。しかし、逮捕直後であり参加者の多くはそこに集まることすらできませんでした。そのため長期滞在外国人家族を名指しにして一家の追放を叫ぶ「在特会」の破廉恥な声のみが街頭に流れることになってしまったのです。

 これらの事態は私たちが意図したものではありませんでした。外国人を犯罪者扱いしてその追放を唱え、あまつさえ特定の外国人家族を標的にし、彼らが暮らす街で、彼らとその子どもの名前を連呼し「出て行け!」と叫ぶ。この「在特会」の卑劣なデモに抗議することは、この社会に暮らす者の、外国籍の人々の友人として生きる者の当然の責務だと考えたのです。私たちは、あなたたちの友人はここにある、ということを単純に示したかった。口汚い排外主義者だけがこの社会の住人なのではなく、むしろそのような人々に怒りを持って抗議し、あなたたちとともに暮らすことを望む人間がここにあると示したかったのです。

 4月13日、さいたま地裁は両名に10日間の勾留を、23日にはさらに9日間の勾留延長を課し、ふたりは現在なお警察にとらわれたままでいます。逮捕されたふたりとその近親の方、ご友人には主催者として申し訳なく思います。もちろん不当な権力行使で両名を逮捕し勾留している責任はさいたま地裁と埼玉県警にあります。しかし、私たちの見通しの甘さと行動の稚拙な組み立てがふたりの逮捕を許し、両名のみならずその近親者のみなさんに重大な時間的・精神的・経済的・身体的苦痛を作り出していることも事実です。

 また、さらに私たちはこの社会に不安定な法的地位のまま暮らす外国籍の人々にとてもすまなく思います。私たちの行動が参加者から逮捕者を出してしまったことで、「在特会」によるネガティブ・キャンペーンの材料を与えてしまいました。「在特会」は、排斥の標的としていた在日外国人家族の支持者について「警察に逮捕されるような人たちだ」という否定的イメージをネットを中心に書き立てています。在日外国人に向けられる卑劣な排外主義を許さないという思いから主催者は行動を計画したのですが、綿密な準備ができなかったために、わたしたちの行動が、在日外国人とりわけ「在特会」から名指しされている外国人家族が不利になる材料を生み出したことについて、大いに反省しています。

 もちろんこれで終わりではありません。逮捕された2名とも再び今回の行動について話し合い、日本社会における排外主義的な扇動を孤立化させるために何ができるのかを私たちは考えていくつもりです。私たちがどのように集まり、何を考え話し合ったのか、そして当日の行動において何が問われるべきなのかを、今後明らかにしていきます。

     2009年4月29日
                    外国人排除デモに反対する会

| 声明 | 16:35 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。